ご挨拶GREETING

世界的な新型感染症の拡大がいまだに続き、私たちが地球という一つの惑星の住人であることを改めて認識させられる昨今。欧州を中心に、環境問題の解決と共に経済復興を成し遂げようという「グリーンリカバリー」が提唱されています。

私たちはこのグリーンリカバリーにおいて、グリーンの象徴とも言える「木材」の利用促進が、今後の取り組みの中で大きな柱になると考えております。

木造建築物の普及促進は、地球温暖化防止に大きく寄与します。木造建築物の存在そのものが大気中の二酸化炭素を削減することに加え、木材の「製造」「流通」「再生」のあらゆる段階で他建築物に比べた地球環境への優位性は高まっていると考えられています。さらに計画的な木材の使用は、「森林資源」の維持・確保に直結することからも、「木材」の利用促進は環境対応の中心に位置づけられると言っても過言ではありません。

メルディア・アセットマネジメント株式会社が御提案する木造建築物を主軸においたファンド事業は、これまでともすると低評価に甘んじてきた木造建築物をアセットの主たる対象に据えることで、金融商品の新たな分野を切り開くとともに、木造建築物の普及促進、ひいては森林エコシステムの一翼を担うことができると考えております。

我々はグリーンリカバリーと共に、木造建築物を投資対象とした新たな金融商品をご提供していくことで、社会貢献を目指して参ります。

2021年5月

代表取締役社長

Motohiro SUZUKI